放出駅前

放出駅前の様子
調査報告者:大阪教育大学附属天王寺中学校49期生中3 c組30番
(調査日:1996年9月18日)


放出駅の総合評価(概要)

1,ホームは改札口をとおりぬけるとある。改札口は,1ヶ所 。

2,改札からホームへは,上り(京橋方面)は階段のみで下り(四条畷方面)は改札口をとおりぬけるとある。

3,障害者にとって使いやすい施設は少なく、周りの人の手助けが必要な駅だろう。

4,駅前の放置自転車は多い。


券売機→改札口→ホームへのアクセスの状況

券売機の状況

1, 券売機は全部で5つあって、車いすの方が利用できるのは1台だけである。硬貨投入口までの高さは97p。

2,点字ブロックはあり、点字料金表もある。

3,点字表示はない。


改札からホームへのアクセス

1,改札口には,自動改札機が4つあり、これは車椅子は通ることはできず、この横に通ることが可能な改札が1つある。

2,結構改札内や通路も広く見通しがよい。


3,ホームへのエレベータ,エスカレータはない。


4,ホームまでは,点字ブロックでの案内がある。



その他の施設/設備

1,車椅子用のトイレ

・トイレは,改札を入ってすぐ右手にあり、階段の前にあり、人の目につきや すいところにある。

・車椅子専用ない。

・一般用にはべつに工夫されているところはみられない。

・トイレへの点字ブロックはない。


2,公衆電話


公衆電話は、改札口と駅前の2か所にあり、改札口の方には2台あり1つは車椅子専用である。駅前には、3台の電話ボックスがあり車椅子専用はない。


感想
放出駅は、まだまだ障害者にとって使いにくい駅であることがこの調査で分かりましたが、東西線も開通してこれから色々と便利な施設ができていくことを期待しています。また、この調査で私の障害者に対する考え方が、変わったと思います。これからは、駅で障害者の人が困っていたら、見ているだけでなく自分ができそうなことであればできるだけ助けてあげたいと思います。

以上報告を終わります。