東寝屋川駅前

東寝屋川駅前の様子
調査報告者:大阪教育大学附属天王寺中学校49期生中3 宮崎 頌子
(調査日:1996年8月14日)


東寝屋川駅の総合評価(概要)

1,駅の構造は,改札と券売機が地上から30段の階段を降りた所にあり、ホームは、そこからさらに33段の階段を降りた所にある。出口は1つだけ。

2,改札からホームへは,階段のみのアクセスである。車椅子用の専用トイレは券売機の横にある。しかし、エレベーターなどはなく、車椅子での利用者がいる時には、四条畷駅から応援を呼んだり・・・、と車椅子使用者にとっては、使いにくい駅であるといえる。

3,駅前の放置自転車は少しあるけれど、通れない程ではなく、駅周辺の道の舗装されている。

4,駅員が1人しかいないので、車椅子での利用者がいる時には、他の乗客の協力が必要である。


券売機→改札口→ホームへのアクセスの状況

券売機の状況

1,券売機の硬貨投入口の高さは約95cm,ボタンの上には点字の表示がある。

2,券売機の下は,スペースがなく足下が詰まっているため,車椅子では正面から利用しにくい。

3,点字料金表がある。 4,券売機は2台あり、両方ともボタン式で、ボタンの下に点字表示がある。


改札からホームへのアクセス

1,駅務員室側に、車椅子の通行できる改札がある。しかし、常時使えるわけではなく、駅員が幅を広げてくれるようになっている。

2,エレベーター・スロープはなく、階段のみのアクセスである。(階段の段数は、前に明記した通りである)

+

3,点字ブロックは、券売機のフロア〜階段〜ホームまでも続いていて、目の不自由な方が使っている。

4,プラットホームは、下り線でホームと列車との段差が約2pで、ギャップが約11pとなっている。駅員は常時1人しかいなくて、駅務員室にいつもいるから、ホームには乗客しかいないということになる。



その他の施設/設備

1,車椅子用のトイレ

・トイレは,券売機の横に専用トイレがある。つまり改札の外ということになる。

・専用トイレは段差などは全くないように作られているが、あまり使用されている様子はない。

・トイレへの点字ブロックはある。



〈感想〉

 総合的に言うと、この駅は車椅子を使用している人にとっては使いにくい駅 だと言えると思う。夏の暑いときに調査に協力してくださった駅員の方、どうもありがとうございました。

以上報告を終わります。