千里丘駅前の様子
調査報告者:大阪教育大学附属天王寺中学校49期生中3福井敦
(調査日:1997年8月21日)


千里丘駅の総合評価(概要)

1,駅の構造は,改札が2階でホームは地上。改札口は,1ヵ所。改札を出た所で東口・西口に分かれる

2,改札からホームへは,京都方面(1,2番線),大阪方面(3,4番線)共に階段のみだが東口にはエスカレーター・エレベーターがあり,西口にはエスカレーターがある。(エスカレーターは車椅子対応)

3,トイレに車椅子用はなくて,段差のある入口など,車椅子使用者にとってはかなり使いにくいトイレだろう。

4,駅前の放置自転車は多く,休日は健常者も通りにくいぐらいの数になる。


券売機→改札口→ホームへのアクセスの状況

券売機の状況

1,券売機の硬貨投入口の高さは約85cm,タッチパネル式が2つ,ボタン式が4つで点字の表示はない。

2,券売機の下は,スペースがなく足下が詰まっていて、さらに、券売機が傾斜しているため、車椅子では利用しにくい。

3,点字料金表があり、その横の券売機まで点字ブロックが続いている。


改札からホームへのアクセス

1,駅務員室側に車椅子の通行できる改札があるが、そのほかは自動改札になっていて、車椅子では通れない。


2,西口はさほどでもないが、東口は放置自転車がきわめて多く,休日には駅入口が自転車で埋まっている。

<3,改札からホームへ降りるのは階段しかないため、不便である。


4,ホームは直線で見通しが良い。ホームと列車のあいだは20p程で、列車とホームの段差もおなじぐらいある。ホームまでは,点字ブロックでの案内がある。



その他の施設/設備

1,トイレ

・トイレは,改札を入ったすぐ右手にあり場所もわかりすい。

・一般用にも手すりつきの便器がある。

・トイレへの点字ブロックはない。

2,公衆電話は二台あるが、車椅子は入れるスペースが無いので使えない。



最寄りで利用可能な施設や建物

 駅のとなりにニッショーストアがあり、駅とスロープで結ばれている。(20゜)



以上報告を終わります。