桃谷駅前の様子
調査報告者:大阪教育大学附属天王寺中学校50期生中3−b−24
(調査日:1997年8月21・30日)


桃谷駅の総合評価(概要)

1,駅の構造は,改札が1階でホームは2階。改札口は,1カ所。

2,改札からホームへは,内回り・外回り共に,階段のみが,アクセスである。

3,車椅子用の専用トイレはない。(今後,できる予定。)入口から改札までのアクセスが, 階段しかないため,車椅子使用者にとっては少し不便だろう。

4,駅前に自転車置き場があり,通路まで自転車がはみでているため,通路が狭く,車椅子 では通れない。


券売機→改札口→ホームへのアクセスの状況

券売機の状況

1,券売機の数は全部で9台。内6台は,ボタン下に点字表示がある。地面から硬貨投入 口までの高さは,130cm。

2,券売機の足下は壁で,スペースがなく足下が詰まっているため,車椅子では正面から 利用しにくいと思われる。

3,点字料金表は,真ん中に白いプラスチック製のものがある。


改札からホームへのアクセス

1,少しスライドさせると111cmの幅になる車椅子用の改札がある。 (使用時に駅員さんが開閉する。)普通の改札は7つで,幅は55cmである。 点字ブロックの通っている改札は,1つだけある。


2,内回り,外回りとも階段のみ。(内回り39段,外回り38段。) 点字ブロックあり。また,手すりに点字表示あり。



トイレの様子

1,トイレは,改札口を入ってすぐ右のところにある。

2,トイレへの案内は,点字ブロックで誘導されている。



ホームの様子

1,内回り,外回りは別々のホーム。(駅員さんは常駐していない。)階段からホームの 端まで,点字ブロックが設置してある。また,ホームの中央に改札への階段がある。(エ レベーターはない。)


2,ホームと列車との段差は7cm,ホームと列車との隙間は10cmある。

3,列車の到着時にはアナウンスがある。(内回り:女性の声,外回り:男性の声)


駅員さんへのインタビュー


1,q,一日に,障害者の利用される人数はどれくらいですか?
 a,5,6人。
2,q,車いすの方(特に電動車いす)が来られたときの対応は?
 a,6人で運ぶ。(駅員さんとお客さんではこぶ。)
q,またその時,周囲のお客さんの協力はありますか?
 a,ある。
3,q,お客さんに協力して欲しいことはありますか?
 a,駅前に自転車を放置しないで欲しい。また,空かん,新聞はきちんとゴミ箱へ入れてほしい。
4,駅周辺に,障害者の方がよく利用される施設などがありますか?
 a,夜間学校(桃谷高校)。
5,q,駅設備の改装に関する今後の予定はありますか?
 a,障害者用トイレをつくる。
6,q,このような,中学生によるバリアフリー調査についてどう思われますか?
 a,いいと思う。そういう調査をみんなにしてもらって,駅についてもっと知ってもらいたい。


その他の施設/設備


・公衆電話はあるが,車椅子用の高さの低いものはない。
・触地図や音声案内はない。


最寄りで利用可能な施設や建物



逓信病院,警察病院。


感想


「桃谷駅はきれいになったし便利や」と思っていた。しかし,駅の周りを見渡せば放置 自転車があって,2人並んで歩けない状態である。今までは,少し通りにくいなあ,と思っていただけだったけれど, 違う視点から見てみると,とても不便であるということが今回の駅調査でわかった。そう思って見てみると, 階段や改札なども,障害者には不便であろうとおもわれる。とくに,私の最寄り駅は障害者にとって使いにくい駅だ と思う。だから,できるだけはやく便利な施設を作ってほしいと思う

以上報告を終わります。