jr天王寺ホームの写真

天王寺駅の様子
調査報告者:大阪教育大学附属天王寺中学校50期生中3−b−11
(調査日:1998年8月27日)


天王寺駅の総合評価(概要)

1,駅前の状況:(東口前の状況)

2,改札からホームへは,中央口,mio連絡改札共に,(一部)階段でのアクセスである。

3,車椅子用の専用トイレ,段差のない床などはあるが,地上の入口から改札までのアクセスが,階段しかないため,車椅子使用者にとっては少し不便だろう。

4,駅前の駐輪所等は無く、駐輪禁止区域であるにも関わらず、放置自転車が非常に多い。


券売機→改札口→ホームへのアクセスの状況

券売機の状況

1,券売機の硬貨投入口の高さは約120cm,点字表示はほとんどの券売機にあり、タッチパネル式のものは見られなかった。

2,券売機の下は,スペースがなく足下が詰まっているため,車椅子では正面から利用しにくいと思われる。

3,点字料金表はない。

jr天王寺駅券売機の写真

1,全ての出入口に,少しスライドさせると車椅子の通行できる改札がある。

jr天王寺駅改札口の写真></center><br><p><p> 
2,改札口は、改札機の数の多さと利用者の多さの為、見通しが悪い。また、ホームも同様に見通しは良くない。<br><p>

<center><h2><font color=その他の施設/設備

1,車椅子用のトイレ

・トイレは,改札の左奥にあり場所は少しわかりにくい。

・一般用とは違う場所にあり、ドアはスライド式。

・中の広さは普通で、手すりがある。また、トイレの内外に非常時用のインターホンが設置されている。

・鏡は車椅子でも見やすいように 角度がついている。

jr天王寺駅身障者用トイレの写真+jr天王寺駅の券売機の写真のアップ

・トイレへの点字ブロックはない。

2,公衆電話のコーナーには車椅子用の高さの低いものがある。
3,触地図や音声案内はない。


最寄りで利用可能な施設や建物は特にない。




感想


天王寺駅は広く、調査しきれていない部分が多少あるかと思いますが、多い日は一日に車椅子の方が27人も利用されていると聞き、バリアフリーを身近に感じました。が、また一方では、バリアフリーについて知らない駅員さんが意外に多く、社会的 にはまだ定着していないのが現状だと思います。 更に、駅前の放置自転車の多さは、車椅子の方はもちろん、一般利用者にとっても通行の妨害と言える量です。この事から、駅自体の便利さはもちろん駅の利用者全ての意識の向上が大事だと感じました。

以上報告を終わります。