駅前の写真

jr大和路線平城山駅前の様子
調査報告者:大阪教育大学附属天王寺中学校51期生3年b組28番
(調査日:1999年8月19日)


jr大和路線平城山駅の総合評価(概要)

1,駅の構造は,改札が2階でホームは奈良駅方面行き・京都駅方面行き共に1階。改札口は、1ケ所。

2,改札からホームへのアクセスは,階段のみ。

3,トイレは,改札口の隣に1ケ所。車椅子用トイレはない。

4,駅前には,自転車置き場はなく、放置自転車であふれている。

駅前の写真2

券売機→改札口→ホームへのアクセスの状況

1,改札からホームへのアクセス;奈良、天王寺、jr難波方面(2番線)と、木津、亀山、京都方面(1番線)とも階段のみのアクセス。スロープ・エスカレーター・エレベーターはない。

2,階段;1番線39段。2番線31段。点字ブロックがあり、手すりには点字表がある。

券売機の状況

1,券売機の硬貨投入口の高さは約135cmが7台と100pのものが5台あり,ボタンの上には,全て,点字の表示がある。

2,券売機の下は,スペースがなく足下が詰まっているため,車椅子では正面から利用しにくいと思われる。

3,右手に、白いプラスチック製の点字料金表がある。いたずらはされていない。

4,入口から点字料金表と券売機まで点字ブロックがある。

5,看板等で点字ブロックをじゃましていない。

券売機の写真

改札からホームへのアクセス

1,駅員の前の改札は,通路を広げれば車椅子の方々が通れるようになっている。その幅は、約100cm。ここに点字ブロックが通っている。又、改札口は1ケ所で改札の幅は55cmである。

改札口の写真.

2,改札内の見通しはいいのだが,ホームは柱や階段があるため,見通しが悪い。

3,奈良・天王寺・jr難波方面31段,木津・亀山・京都方面39段ともに階段のみのアクセス。スロープ・エスカレータ・エレベータはない。点字ブロック・手すりに点字表がある。

4,線路2本を挟んでプラットホームが2つ。駅員さんは駐在していない。点字ブロックが設置されている。5両目先頭付近に改札への階段がある。ホームと列車との隙間約10cm.段差は約10cm。列車到着時には女性の声で「・・番線に電車が入ります」とアナウンスが入る。

駅前の写真


その他の施設/設備

1,公衆電話は,車椅子用の高さの低いものはない。

2,ええまちマップなし。

3,駅構内の触地図冊子は,ない。

4,改札機と横並びにトイレがある。点字ブロックで誘導されている。 トイレ内に手すりあり。

トイレの写真
5,ホームから改札へは、頼めば駅員さんが手助けしてくれる。ただし、7:3
    0から17:00までしか駐在していない。<br><p>
<center><img src=

最寄りで利用可能な施設や建物


・車椅子トイレが駅前にある。改札を、西に出たところにあり、奈良市の施設。 点字ブロックで誘導されている。このトイレの両サイドが、男女のトイレ。ドアは引戸で、閉まるのは自動。中は広いが、洗面所に鏡はない。ブザーは2つある。 

車イストイレの写真


駅員さんへのインタビュー


質問1:1日に、障害者の利用される人数はどのくらいですか?
答え1:1999年4月に来たばかりだが見たことがない。

質問2:車椅子の方がこられたときの対応は?
答え2:まだ見たことがないので、わからない。

質問3:お客さんに協力して欲しいことはありますか。
答え3:駅前の放置自転車については、奈良市の管理下にあるのでなにもいえない。(平城山駅には、自転車置き場はない)

質問4:駅前周辺に、障害者の方がよく利用される施設などがありますか? 答え4:ない。

質問5:駅設備の改装に関する今後の予定はありますか?
答え5:ない。プラットホーム中央の喫煙コーナーを、移動させたい。今、奈良駅に申請しているところ。

質問6:このような中学生によるバリアフリー調査についてどうおもわれますか?
答え6:いいことだと思う。調査をして、改善できることは改善するべき。必要なことだ。




感想


普段,何気なく使っていた平城山駅を調査するのはあまり気がすすまなかった。調査結果はバリアだらけになるだろうと、予想できるからだ。小さい田舎の駅で、利用者も少ない。赤字のため、早朝と夜は無人だ。新しく、きれいだが、障害者の方のための設備はほとんどない。まず、改札へいけない。2つのルートはともに階段である。西側にはブザーがあるが、放置自転車のため近づけない。これは、管理している奈良市の責任ではなく、利用者の責任である。 不便な駅だから、私が困っている人に「なにかお手伝いしましょうか」と勇気を出していうことが大事だ。

以上報告を終わります。