駅前の写真

西宮駅前の様子
調査報告者:大阪教育大学附属天王寺中学校51期生3年b組37番
(調査日:1999年8月28日)


西宮駅の総合評価(概要)

1,駅の構造は,改札が1階でホームは神戸方面行き・大阪方面行き ともに2階。改札口は、中央改札口のみ1ヶ所。

2,改札からホームへのアクセスは,階段、エスカレーター、エレベーター。

3,トイレは,車椅子用トイレと共に改札を入ってすぐにある。

4,駅前には,自転車置き場があり、放置自転車はすくない。


券売機→改札口→ホームへのアクセスの状況

券売機の状況

1,券売機の硬貨投入口の高さは約100cmが5台あり、そのうち1台はタッチパネル式である。ボタンの上には,全て,点字の表示がある。

2,券売機の下は,スペースがあり、車椅子でそのまま利用できる。

3,点字料金表は券売機の横に1つある。

券売機の写真.券売機の写真

改札からホームへのアクセス

1,駅員の前の改札は,通路を広げれば車椅子の方々が通れるようになっている。

2,改札内の見通しはいいし、ホームも見通しがよい。

3,ホームへは、階段・エスカレーター・エレベーターを利用する。

エレベーターの写真.エスカレーターの写真


その他の施設/設備

改札に行くまでの手段として、スロープがある。

スロープの写真

駅周辺の障害者利用可能施設として、西宮市福祉センターがある。

福祉センターの写真

駅から福祉センターまでは、点字ブロックが続いている。

福祉センターの写真

公衆電話は駅にはなく、駅から3分程で、車椅子利用可能電話ボックスがある。普段は誰でも利用可能になっている。


駅員さんへのインタビュー


駅員さんの写真

質問1:1日に、障害者の利用される人数はどれくらいですか。
答え1:まちまち。すくない時は2、3人。多い時は、近くに福祉施設があるので、そこで大会などがあるときは百人近く。

質問2:車椅子の方がこられた時の対応は?またその時周囲のお客さんの協力はありますか?
答え2:電車の前まで誘導する。協力はあったりなかったりです。

質問3:その他、お客さんに協力してほしいことはありますか?
答え3:特になし。

質問4:駅周辺に、障害者の方がよく利用される施設はありますか? 答え4:福祉センター、病院、フレンテ西宮など 質問5:駅設備の改装に関する今後の予定はありますか? 答え5:まだ新しいので当分ない。 質問6:このような中学生のよるバリアフリー調査についてどう思われますか? 答え6:高齢化社会になるのでいいんじゃないですか。


感想


西宮駅では、とても対応が冷たく、インタビューもいやそうでした。 西宮駅周辺には、福祉センターというのがあり障害者の方々が利用されています。 その他にも、大きな病院もあり、他の駅よりも障害者の方々が利用されることが多 いです。今回、バリアフリー調査を駅を主にしたにあたって、バリアフリーに関する いろいろなことを知りバリアフリーについてこんなにも考えているんだなあと気付き ました。普段、車椅子用公衆電話や、車椅子用トイレ、点字ブロック、点字表などを 見過ごしているけれど、社会のいろいろなところにバリアフリーは、浸透しているん だなあとこの技術の調査で分かりました。でも、まだまだ不便なところはあるので、 これからもバリアフリー社会をめざして、いろいろ開発していくべきだと、そのため に自分も、差別などせず、積極的に協力していこうと思いました。

以上報告を終わります。