天王寺駅前の様子
調査報告者:大阪教育大学附属天王寺中学校50期生中3a−32
(調査日:1998年8月27日)


天王寺駅の総合評価(概要)

1,駅の構造は,改札が地下2階でホームは地下3階。改札口は,北口、南東口、南西口の3ヶ所 

2,改札からホームへのアクセスは,上り、下り共に,階段と、エスカレーターである。(階段の段数は、31) 


3,車椅子用の専用トイレは改札内にはない(ただし、地下1階の阿倍野地下街に、1つだけある。)。地上の入口から改札までのアクセスは、地上→地下1階は、車椅子用エレベーター(天王寺動物園前)そこからスロープを通り、エレベーターで地下1階→地下2階、地下2階→地下3階と、行くことができる。(今年の9月に,車椅子用トイレができる予定。)


4,天王寺動物園前は、自転車がたくさん置いているので少しエスカレーターは、使用しにくい。(エスカレーターは、インターホンを使って駅員を呼び出。)


券売機→改札口→ホームへのアクセスの状況

券売機の状況

1,券売機の硬貨投入口の高さは約135cm,(黒)と100pのもの(水色)があり,ボタンの上には,点字の表示がある。(硬貨投入口の点字は、いたずらされていて、わかりにくい)<水色の券売機は、連絡切符が買える。> 

2,券売機の下は,スペースがなく足下が詰まっているため,車椅子では正面から利用しにくいと思われる。

3,点字料金表は各改札の券売機にある。(黄色のもの)


改札からホームへのアクセス

1,北口のみに車椅子の通行できる改札がある。(常に開けられている)幅は、98pほどである。


2,改札内の見通しは良くないが、ホームの方は、けっこう見通しが良い。(ホームと列車との段差:隙間矢印11p 段差→9p 車椅子用の電話がある。)

+


その他の施設/設備

1,車椅子用のトイレ

・改札内にはないが、地下1階の阿倍野地下街に、一つだけある。。


・一般用は、改札内にあるが奥の方にあるため少しわかりにくい。。


・トイレへの点字ブロックはある。

2,公衆電話、車椅子用とも、ホーム内にある。。
3,触地図や音声案内はない。
4,ええまちマップ。( 駅長室にある。)
5, 駅構内の触地図冊子(駅長室にある。)


駅員さんへの、インタビュー

q1.一日に、障害者の利用される人数はどれくらいですか?
→日によって違うけど、だいたい20人ほど。
q2.@車椅子の方(特に電動車椅子)が、来られたときの対応は?
→エレベーターなどのモニターに写れば、手をかす。
Aまた、その時、周囲のお客さんの協力はありますか? →エレベーターがあるので、たいがいは大丈夫。電車に乗るときは、手をかしてくれる。
q3.その他、お客さんに協力してほしいことはありますか?
→急に立ち止まったり、点字ブロックに立ったり、物をおかないでほしい。
q4.駅周辺に、障害者の方がよく利用される施設などがありますか?
→市立病院、市立美術館など。
q5.駅設備の改装に関する今後の予定はありますか?
→車椅子用のトイレをつくり、今ある階段をなくす。
q6.このような中学生によるバリアフリー調査についてどう思われますか?
→駅のことを知ってもらうので、なかなかいいことだ。


最寄りで利用可能な施設や建物


・近鉄百貨店アベノ店(障害者のトイレがある。)



感想


バリアフリー調査では,日頃あまり気にせずに使っている所が、意外と障害をもった方にとって、使いにくいものだということが分かりました。駅員の方には、丁寧に教えてもらいました。また、たくさんびっくりすることもあり、調査はとても楽しく、ためになしました。これから、どんどん高齢化が進む中、みんなにとって住みやすい社会になってほしいです。いまからでも遅くはないとおもいます。

以上報告を終わります。